2018/08/03

未知



「未知」

過去のものと置き去るには
それらはあまりにも広く深く
わたしはただただ好奇心に浸る。

懐古する暇もなく
驚きは想像に変わり、常に今を塗り替える。

まるでまだ見ぬ未来に焦がれるように
私にとってこれからは
いつまでたっても「未知」なのだ。